コンタックス専門店 カメラの極楽堂

東京都新宿区にあるコンタックス専門店・カメラの極楽堂でございます。こちらのページでは商品とその画像をご案内しております。

カテゴリ : 旧ツァイスイコン レンズ

旧Contaxマウント望遠レンズ 鏡胴はクローム 外観は全体的に表面メッキイタミ レンズ内は実写にはあまり影響はないレベルですが年代なりともいえるコートスレ、うっすらヨゴレがあります 時代を考慮すればまずまずの状態です ツァイスオプトン ゾナー135mmF4 ゾナー135mmF4の ...

旧Contaxマウントの標準レンズとライカM用マウントアダプターのセット品 ・Sonnar 50mmF1.5 F1.5の高級モデル クローム鏡胴 コーティングなしの戦前ドイツ製 シリアルは#2016***外観は所々スレ等の使用感 実写にはあまり影響はないレベルですが年代なりともいえるスレう ...

旧Contaxマウント標準レンズ ゾナーのF2モデル クローム鏡胴 東西分断後の西ドイツ側で製造 外観は外観は所々スレ等の使用感 写真3枚目のように名盤の黒ペイントにイタミがあります 実写にはあまり影響はないレベルですが前玉全体に細かいスレが複数あります ゾナー50m ...

旧Contaxマウント標準レンズゾナーのF2モデル クローム鏡胴 外観はまあまあ綺麗なレベルレンズは中玉にカビ痕がありますがデジタル(Sony α7)で画質の劣化は感じられませんゾナー50mmF2 の描写はこちらをご参照下さい↓カールツァイスで大田区百景商品区分:中古品 保証 ...

旧Contaxマウントの広角レンズ 戦前の1937年から発売当時はビオゴン35mmがかなり高価だったこともありシンプルで高性能なレンズを目指して設計されています旧Contax以前のオルトメターは写真測量用の特殊レンズとして知られています外観は所々スレ等の使用感フィルターは入 ...

旧Contaxマウントの標準レンズ 鏡胴はニッケルタイプ コーティングの無い世代になります F1.5の廉価版ではありますがF3.5のレンズが明るいとされていた時代では十分明るいレンズでした 後に固定鏡胴から沈胴式へと鏡胴が変わっていきます 外観は所々スレ等の使用感はあります ...

旧Contaxマウントの標準レンズ 沈胴式のクローム鏡胴 外観は年代なりの使用感があります 前玉のコートスレが多く デジタルでは僅かに解像度低下が見られますがレンズのヌケは良い方なのでフィルムでは ほぼ分からないと思います 沈胴のかかりも良いです テッサー50mmF3.5  ...

旧Contaxマウントの標準レンズ 沈胴式のニッケル鏡胴 F2.8の明るさで製造されたテッサーは旧Contaxマウント用が初めて 戦後になると東西ドイツで製造を終了しています シリアル#1309*** 外観は沈胴部分など所々スレ等の使用感 年代なりともいえるガラス面にスレがあり ...

旧Contaxマウントの広角レンズ 戦前の1933年から発売され距離計は非連動 F値が暗いという欠点はありますが このレンズが販売されて数年は同等の画角を持つ小型カメラは製造されていないことから当時としてはハイレベルだったことが窺えます 外観は所々スレ等の使用感 実 ...

旧Contaxマウントの標準レンズ 鏡胴はニッケルタイプ コーティングの無い世代になります F3.5のレンズが明るいとされていた時代にこのゾナー50mmは発売され F1.5という明るさはフィルム感度15/10DINの当時では考えられない驚異的な明るさを誇り高く評価されたレンズです ...

旧Contaxマウントの中望遠レンズ 鏡胴はクローム シリアルは#163**** 戦前の重量感のある世代になります 外観は所々スレ等の使用感 実写にはあまり影響はないレベルですが年代なりともいえるガラス面のスレが少し、気泡があります レンズ内のヌケは良く時代を考慮すれ ...

旧Contaxマウント用の広角レンズ 1953年に西ドイツのカールツァイスから35mmフィルム用初の画角90度の広角レンズとして発売され 当時のカメラマンの憧れのレンズでした 外観は所々スレ等の使用感はありますがまずまずの状態です Carl Zeiss ビオゴン21mmF4.5ビオゴン21mm ...

↑このページのトップヘ